ホームタイ語の基礎タイ語基本会話タイ語の書籍タイ語翻訳サービスタイ基本情報タイ語通訳|メール|

タイ基本情報

タイのホテル
タイのプロフィール
入国許可と滞在許可
タイの交通機関
タイの祝・祭日
タイの気候と地理
タイの郵便
タイの医療と衛生
タイの伝統行事及びお祭り
タイのホテル
タイでのトラブル対策
タイのフルーツ
タイの野菜
タイでのゴルフ
ホームに戻る

 

● 宿泊施設の種類
タイ国の宿泊施設は大まかにホテル・ゲストハウス・旅社・ユースホステル・YMCA・YWCA・バンガローに分類できる。
● ホテル
  ・基本的に鉄筋コンクリート造りで、バスルーム&トイレが客室に有り、毎日客室の掃除をしてくれる様な宿泊施設を示す。その数は無数にあり、選択も自由でそれぞれの予算や旅の日程に合わせ選べばよい。ランクは室料だいたい500〜1000バーツでエコノミー、1000〜3000バーツで中級、3000バーツ以上で高級と考えればよい。設備面から見ると、室内にカーペットが敷いてあればエコノミー、プールとヘルスクラブがあれば高級、それ以外は中級と考えればよい。なお、支払う金額には室料に7%の税金+10%のサービス料が加算されるので、あらかじめ計算に入れておこう。    
部屋はベッドの大小にかかわらず、ベッドが1つの部屋を「シングル」・ベッドが2つの部屋を「ダブル」または「ツイン」と呼ぶ事が多い。
● ゲストハウス
 

・もっぱら外国人旅行者を専用にあつかう宿泊施設。地元の人が手軽な現金獲得手段として経営している場合が多い。その造りもアパート風・一戸建て民家風・商店風とさまざまです。客層も若く、厳しい宿泊環境にもまけないタフな旅行者の利用が多い。入り口は食堂や旅行代理店などが多い。部屋は寝るだけでトイレやシャワーは共同が多い。旅社は中国系タイ人が経営している、地元タイ人客向けの低料金宿のこと。

● ユースホステル・YMCA・YWCA
 

・料金が50バーツ前後と安く料金・設備共にゲストハウスと余りかわりがありません。

Copyright©2002 thaigo.co.jp All rights reserved.